薬や注射の増減

前回記事からずいぶん間が空いてしまったが、風邪症状により一時的にリウマチの内服薬メトトレキサートの週末服用(2日で5錠10mg)を休み、月一度のシンポニー50mgの注射も中止。

結果、関節の痛みや違和感が出てきたものの、

※全身に感じる気温体温がわかりにくくいつも寒い。
※腕・足の表面が冷たい感覚がして汗をかかない。
※手足がピリピリ痛しびれる。
※喰い物の匂い、食感がおかしくて、何を食べてもおいしくない。
※いつも歯ぐきから血が出ている。

あたりの症状は緩和されて、上記症状が薬の副作用だったのかなぁと実感。
結局、風邪症状が収まった後主治医の先生と相談し、
・週末のメトトレキサートを5錠10㎎→4錠8mgに減薬。
・シンポニーを2か月に1回に減らす。
ことに。
自分としては、いきなりこんなに減らして(特にシンポニー)大丈夫かな?という感じがしたが、
「血液検査の結果も悪くないし、まぁ、減らして様子見ましょう。」と先生に背中を押されて減薬チャレンジ。
おかげさまで、上記の副作用っぽい症状も緩和され、普段の生活はむしろ楽になった感じ。
しかしシンポニーを2か月に1本に減らした4か月目、さすがに体のあちこちの関節が痛くなり始めた。

血液検査の結果でもCRP(体内の炎症状況を表す数値)が、正常(0.3以下)だったものが、0.5以上と上がっている。
という事で、今回からメトトレキサートは減らしたままで、シンポニーを前と同じ月1本に戻すことに。

今回2か月振りにシンポニーを打ったが、やはり注射後2~3日して、リウマチ症状が楽になり、体全体が軽くなった感じ。
そんなことから月1本は必要なのかなぁと実感した次第。

リウマチ・膠原病など、自己免疫不全の方のBLOGを見ると、本当に闘病に苦労されている方も多く、私の症状は、リウマチ確定診断後丸3年経過、関節の痛みもひどくはなく(あちこちの関節が痛くなるが、継続的に痛む関節もなく、3~4日痛んでは治るを繰り返す)ており、健康だった時と比べ体のあちこちにいろいろな症状の不具合は出るものの、リウマチそのものは何とか抑え込めている状態なので、良しとしなければいけないかな。

おすすめ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です