リウマチのこと(2018年2月~

2018年2月
そこそこ安定していたリウマチ症状、血液検査の数値的には薬の副作用兆候も無し、炎症症状も無くお医者の見立てでは寛解状態。
とはいっても、天気が悪くなりかけ(低気圧接近中)とか、消炎鎮痛剤(セレコックス)切れかけとかだと、手首・肩・足首・首あたりが、違和感が出てくる状態。
メトトレキサート飲み始め(メトトレキサートのせいかははっきりしませんが・・・2016年2月に服用開始、2016年3月終わりごろから症状が出た)の激しい匂い悪阻症状のトラウマ、そのときの食物のにおいを嗅ぐと吐き気がする状態を脳が覚えているのか、症状自体は1年ぐらいで治まっているんだけど、その後も食べ物が全て美味しいと思えなくなってしまった・・・
まぁ贅沢はいえない、この状態で維持できればいいなぁと思っていたのだが・・・
月1回の2月の通院日は22日(木曜)。その週月曜ぐらいから左足のすねが痛くなった。すねの骨が痛いのか、骨の外側の筋肉というか腱が痛いのか・・・その辺が痛む。
半日ぐらいすると足首を上下に動かそうとすると、すねが痛くて動かせない状態に。風呂上りに足を見ると、膝下あたりから足首あたりまでやや赤くなってパンパンにむくんでいるというか腫れている。
リウマチ治療で体の免疫力が落ちているので、なにかばい菌でも入って筋肉が炎症を起こしてるかな・・・と言う感じ。
その状態で通院日を迎えて、いつもの血液検査と診察。
血液検査では、白血球数は平常どおり(もし、足が細菌で炎症なら白血球は増えるはず)、炎症反応(CRP)は0.3までが正常値が、今回は1.5ぐらいと高い。
先生の治療も、
「見た目、何かの菌に感染しているような状態だけど、白血球数が変化していないし・・・膠原病由来としてもこの時期に出るとも考えにくいし」
月曜に痛みが出て、火曜・水曜が痛み&腫れのピーク、診察日の木曜は若干腫れも引いてきたかな・・・ピークは越えてるかなという感じもしたので、そんな話をしてとりあえず念のため抗生物質を1週間分処方して頂き、シンポニーの注射を中止。
1週間様子を見て、足の症状が改善していたらシンポニーを打つことに。

2018年3月始め
1週間後3月1日(木)、診療日。
足の腫れは若干残っている(左右の足を比べて、若干左足首が太いかな程度)ものの痛みはまったく無し。
ということで、シンポニーを打っていただく。
シンポニーについて、なんとなく感想。
一本50mgで12万円、保険適用で4万円ぐらいの注射。昔はアンプルから注射器で薬を吸いだして、それを注射するのがあたり前だったんだろうけど、シンポニーは注射器に薬がセットされて自動注射器なのかなんなのか、バネやらなにやら面白そうな機構になってる感じ。弱っぴなので、怖いから注射するところを見てないので良く分からん(笑
注射器も使い捨てなのかな。
それはともかく、注射を打っても直ぐに何らかの体調に変化も無く、体がすんなり受け付けてくれる感じ。(メトトレキサートは飲み薬だけど、飲むと直ぐになにやら体の拒否反応的な、胃が不快になるとかお腹がグルグル鳴り出すとかがある)
で、注射後4日目ぐらいになんとなく体が軽くなるような気分がする。と言うことで、私にとっては自然に受け入れられて、穏やかに効いてくれているかなという感じで、とても好感度の高い注射ってのが、1年半ぐらい続けた今時点での感想。体内に抗体ができたりして効かなくなることも有るらしいが、今のところ効いてくれているようだ。

週明けの月曜日、なんとなく左手中指の付け根が痛い。
「この痛み、足が腫れてきたときと同じ痛みだなぁ・・・」
案の定、翌日ぐらいには手の甲全体が腫れて、普段は痩せて(176cm62Kg)骨ばった手なのだが、左手だけまるで赤ちゃんの手のよう。手のひら側、中指を動かす腱辺りも押すと痛い。
痛いのは関節ではなく、明らかに筋肉・腱。腫れている割に、熱感はそれほどない。
そうこうしているうちに、右手首のやや肘よりの筋肉に同じような痛みが。手首を前後に動かそうとすると痛くて動かせず、ほとんど曲げられない。
なんだけど、左手甲も右腕も、リウマチの痛みと違って動かさなければまったく痛みは無い。運動しすぎの筋肉痛と同じような痛み。
関連しているか怪しいけれど、前回の足のときも今回も、症状がでている間、若干心臓がドキドキと普段はほとんどかかない寝汗をかく。発熱は多分していない。

予約はしていなかったけど、手の腫れを見てもらうため、3月8日(木)通院。
先生左右の手を診て、やはり腱の炎症、なんだけど炎症を発症した理由というか原因が不明。
前回の足の経緯含めて、細菌の感染によるものではないだろうとの見立て。
通院した時点では、やはり左右の手とも症状のピークは越えているような感じだったので、足と同様の経過をたどるなら、週末中にはほぼ症状は消えそう。
と言うことで、セレコックス(消炎鎮痛剤)現状朝晩1錠を朝晩2錠に増やして経過を見ることに。

結果としては、週明け3月12日の月曜段階では、左右の手とも腫れ痛みは、ほぼ無くなっている。

う~む、なんなんだろう。
膠原病関連で、筋肉や腱の痛みや腫れで検索すると、「線維筋痛症」「RS3PE症候群」「多発性筋炎」「リウマチ性多発筋痛症」などなどいろいろ出てくるが、どれも微妙に違う感じ。
あえて言えば、リウマチ確定診断がでる1年ぐらい前から首・肩が痛くてマッサージに通っていたり、リウマチ確定診断時にも大腿部が痛かったり、「リウマチ性多発筋痛症」っぽい感じも無くはないが、この病気で手足の腱や筋肉が痛くなって腫れるって事はあるのかなぁ・・・

タイミング的に、前回、今回とも「春の爆弾低気圧」が日本を縦断した時。
リウマチ症状も低気圧接近時が一番悪影響があるので、なんとなく強力な低気圧接近てのも関係有りそう。

またどこか筋肉痛&腫れが出たら、可能性のある膠原病関連疾患に関して徹底的に検査してもらうかなぁ。

2018年3月20日

一昨日ぐらいから、両腕、肘から手首の間の筋肉と右足すねの外側の筋肉が痛くなってきた。
場所は違うけれども、痛みの具合は前回の症状とほぼ同じ。
翌日3月21日、春分の日の休日、自宅横浜市は通過する低気圧の影響で季節はずれの大雪。家のそばの公園の地面も雪で覆われている。
この低気圧、この後関東を抜けて東北で大雪を降らせるとか。
前回も爆弾低気圧の通過とともに筋肉痛&腫れ浮腫み。
やはり低気圧と関連がありそうな気もするが、リウマチの関節痛とは明らかに違う筋肉or腱の痛みと腫れ、原因は何なのか・・・
今回で3度目の症状の出現なんだけど、毎回、

・なんか筋肉が痛いっぽいな。(1日目)
・筋肉や腱の痛みが広がるとともに一部皮膚が赤っぽくなる(2日目ぐらい)。
・リウマチの関節痛は何もしなくても痛い(勿論関節に力が加われば更に痛いけど)が、この痛みは筋肉を動かさなければ特に痛みを感じない。
・リウマチの関節の腫れのときのような明らかな痛い部位の熱感は感じられない。
・痛みが継続したまま、筋肉の腫れ、浮腫みがピークに。(3日目ぐらい)
・徐々に痛みや貼れが引いてくる(4~5日目)

のような経過で最終的には治ってしまう感じ。

2018年3月29日

4週間ぶりの通院日。前回は3月2日だったので、今月は2回目。で、ずぼらで正確には覚えていないけども、1回の検査・診療・シンポニー注射&薬で保険適用後でだいたい4万5千円ぐらいかな。今月は2回なので、3月だけで9万円ぐらいの自己負担額。
なんだけど、会社で加入している健康保険組合の決まりで、「同じ病気で月2万円以上の自己負担分は還付される。」ので、7万円ぐらいは戻ってくる。
こんな決まりが有るの知らなくて、先生に「シンポニーは今の倍量まで注射出来ます。味覚異常その他メトトレキサートの副作用っぽいのでシンポニー50mgを100mgにしてメトトレキサート減らすのもありですよ。」と言われ、でも毎月注射で8万円は辛いなぁと我慢してた。結局のところ、2倍打っても自己負担上限2万円なら負担は同じだった。
更に、よくよく考えたら、毎月注射を打つより、若干注射の間隔を調整して、同月に2回打って次月は無しの繰り返しのほうが隔月2万の負担=月当たり1万円の負担になるわけで負担が今の半分で済むなぁ・・等と思ったり。

さておき、今回の検査ではCRPが0.51と若干高い。まぁ、自分でもなんとなくだるい&関節・筋肉に違和感があると言うことで、予想していた感じの数値。
関東地方は桜の開花が例年より早く、しかも、花曇とか花冷えとか言うことも無く好天続き。
で、4月4日の夜、手首から肘の間の筋肉が痛み出した。皮膚も赤くなっている。あれ、低気圧でも接近中かなと天気予報を見ると天気は下り坂、明日は雨予報。
と言うことで、腱・筋肉の痛みと腫れは低気圧の接近と関連性があるのはほぼ確定。なんだけど、何故そうなるのかは不明&主治医さんも原因不明とのこと。

でも、こんな状況で入梅でもしたら、体調どうなるのか今から不安だなぁ。

あわせて読みたい

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です